無電解ニッケルめっきの種類

関連技術

自動車

先端科学

カメラ

携帯電話

電子部品

コネクタ

産業用機械

複合めっき

鏡面めっき

微細

精密

耐摩耗

硬度

半田濡れ性

黒色

めっき種別

無電解Ni

無電解Ni-PTFE

無電解Ni-B

黒色無電解Ni

無電解めっきとは

無電解ニッケル

めっき溶液中の金属イオンを被めっき物に還元析出させて金属皮膜を作る方法には、
① 外部から電流を用いて金属を析出させる方法を電気めっき。
② 溶液中の金属を化学薬品によって還元析出させる化学還元方法を無電解めっき。
③ 溶液中の金属を被めっき物によって置換析出させる方法を置換めっき。

無電解めっきの利点として、電気を使わないために、電流や電圧の分布を考える必要がない。つき回りが良く、複雑な形状の部品にも均一な厚さのめっきができる。プラスチックなどの不導体上にもめっきが出来るなどです。
無電解めっきの種類も無電解ニッケル・黒色無電解ニッケル・無電解銅・無電解金・無電解ニッケル-ボロン・無電解ニッケルの複合めっきなど色々なめっきの種類があります。

 

寸法、滑り性、耐摩耗、硬度、ハンダ濡れ性

無電解ニッケル-リンめっき (詳細はこちら)

一般的に広く採用して頂いているは、無電解ニッケル-リン合金めっきです。
次亜リン酸塩を還元剤としていますのでニッケル-リン合金めっきになります。また、無電解ニッケル-リン合金めっきは、低リンタイプ・中リンタイプ・高リンタイプに分けることが出来ますので、リンの含有量により、磁気特性・耐食性・硬度など特性が違い、使用目的に応じためっきを選択していただくことができます。
また、当社では黒色無電解ニッケルの安定析出に成功し、お客様からの評価も高く受注に結びつきました。ピアノ調ブラックで塗装を施せば装飾に、また無塗装では光吸収、無反射用途に最適です。

無電解ニッケルテフロンめっき (詳細はこちら)

当社の名称はHiフロンめっき(潤滑めっき)
無電解ニッケル-リンめっきにPTFE(ポリテトラフルオロエチレン=テフロン)を共析させた複合めっきです。非粘着性があり、離型性・撥水性・滑り特性が優れています。
用途として、携帯電話部品・自動車部品・搬送部品・シャフト・ベアリング・シリンダー・金型などに採用頂いています。

無電解ニッケル-ボロンめっき (詳細はこちら)

通常の無電解ニッケルめっきより、酸化皮膜ができにくいため、はんだ付け性が良く、めっき析出時点で硬度が750HV程度あり、高い硬度を有していますので耐摩耗性に優れています。
また、融点が1350℃ですので耐熱性も良好で、導電抵抗も17μΩ・cmと無電解ニッケル-リン合金皮膜より良好です。

 

次号からヒキフネレポートを受信したい方

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

TEL: 03-3696-1981

FAX: 03-3696-4511

TOP