開発支援ソリューション

お客様の設計段階から提案に参加しての商品開発支援や、技術開発が前提とされる難易度の高いめっき製品の試作・量産化研究を行っています。
また、国の研究機構や公設の工業技術センターなどからの委託研究、基礎研究に取り組んでいます。
常に新しいシーズを求め、オリジナル技術の研究や、大学・研究機関との技術交流や共同研究を進めています。

開発支援 CASE 1
商品開発初期のめっき試作と提案

お客様の商品開発プロセスからご相談頂ければ、めっきの選定支援や設計支援をさせていただく事が可能です。試作段階から量産品質・コストを見据えたご提案を行います。

開発支援 CASE 2
商品開発後期の量産化研究

ヒキフネではめっき研究だけでなく、めっき試験機の設計製造や、お客様における量産ライン立ち上げについてのご提案も行っています。どのように市場投入・安定供給を実現してゆくかもご相談ください。

開発支援 CASE 3
商社・商品企画会社にとっての試作部門

モノづくりのインフラをお持ちでないお客様には、3Dプリンターによるモックアップ製造からご相談いただくことも可能です。3D-CAD設計からモックアップ、その後の素材調達までシームレスなご提案が可能です。

開発支援 CASE 4
研究機関からの委託研究・共同開発

公設の研究機構や工業技術センターなどからの委託研究や、大学・研究機関との共同研究にも多数の実績があります。めっき+電鋳などの複合技術によるアプローチや、めっき設備の独自開発が可能なヒキフネならではのご提案を行います。

技術開発事例

TOP